読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イーブイズの宿命

ダブルバトルにおけるイーブイズを開拓するブログ

【ダブル】シーズン6スペシャルレート【ブイズ】

どうも、ふぇいとです。

今回はシーズン6スペシャルレートで使用した構築を紹介したいと思います。

 

まずシーズン6スペシャルレートのルールですが、

シーズン1~5におけるポケモンランキング上位ポケモン使用禁止のダブルバトルというルールです。

使用禁止のポケモンは以下の19匹です。

リザードン、ゲンガー、ガルーラギャラドスバンギラスクチートボーマンダガブリアストゲキッスロトムクレセリアモロバレルボルトロスランドロスゲッコウガニャオニクスギルガルドファイアローニンフィア

ごめん声枯れた>f:id:evfate:20141111062517g:plain

1匹だけ一般パーティに浮気していたニンフィアが使用禁止に。

ブイズ使いは第5世代に戻るような状態になってしまった...

しかし、ニンフィアのいないブイズでまた勝ちたいという気持ちも強く、モチベはなかなか高かったです。

 

【使用構築】

f:id:evfate:20141111070210g:plain   f:id:evfate:20141111070238g:plain     f:id:evfate:20141111070304g:plain

  f:id:evfate:20141111070338g:plain        f:id:evfate:20141111070401g:plain         f:id:evfate:20141027200839g:plain

 

ポケモン持ち物特性技1技2技3技4
シャワーズ 突撃チョッキ 貯水 熱湯 めざ炎 凍える風 シグナルビーム
サンダース シュカの実 蓄電 10万ボルト 電磁波 嘘泣き 見切り
ブラッキー 食べ残し 精神力 イカサマ バークアウト 挑発 横取り
エーフィ 達人の帯 マジックミラー サイコキネシス マジカルシャイン シャドーボール 見切り
リーフィア 命の珠 葉緑素 リーフブレード 叩き落とす 燕返し 見切り
ブースター 拘りスカーフ 貰い火 フレアドライブ 馬鹿力 噛み付く 鬼火

 

シャワーズ@突撃チョッキ 223-x-99-161-118-93

控えめ H140 B148 C136 D20 S64

シグナルビームで耐久無振りルンパッパを確定2発

A205メタグロスの思念の頭突きを2耐え

控えめルンパッパのエナジーボールを2耐え

素早さは70族+3(適当

ニンフィア不在で雨パが重かったため、突撃チョッキを持たせてシグナルビームで無理やりルンパッパを殴りに行ってみたら強かった。

もちろんルンパッパをシャワーズだけで処理する訳ではないが、シグナルビームがあるとないとでは使い勝手が違った。ラティ兄妹やサザンドラにもついでに刺さる。

特殊耐久がびっくりするほど硬い。数値としてはクレセリアと同じくらい(?)

主な役割は凍える風によるS操作。1回当てるだけでリーフィアの縛れる範囲が拡がる。

めざ炎はハッサムナットレイユキノオーへ。マリルリトリトドンへ撃てるめざ草もありだと思う。

 

 

サンダース@シュカのみ 159-x-93-131-116-200

臆病 H148 B100 C4 D4 S252

最後まで納得できる型に出来なかったサンダース

素早さは久しぶりの最速

Bは何意識かわからない。Bに振らないと安心できない病気なってしまった気がする()

役割としては電磁波でS操作。嘘泣きでエーフィのサポート。

天敵はライチュウ

 

ブラッキー@食べ残し 195-x-165-81-154-101

図太い H196 B156 C4 D28 S124

A181テラキオンインファイトが150~176ダメージ

素早さは80族+1→追い風時に最速130族+2

イカサマ、バークアウト、挑発は確定技。ラスト枠を途中までいつも通りの月の光で使っていたのだが、

・全国環境よりも雨パが多く腐り易い

・追い風パーティへの対策が必要だった

などの理由で最終的に横取りを採用。ダブルのブイズパではお手上げ状態になり易い小さくなるラッキーにも少し強くなった。

持ち物は回復技を切ったので食べ残しを採用してみたが、ゴツゴツメット、ラムのみ、オボンのみ、ロゼルのみ等でもいいと思った。

 

エーフィ@達人の帯 141-x-81-182-116-177

臆病 H4 B4 C252 D4 S244

サイコキネシスがD無振りメガフシギバナに161~190ダメージ

嘘泣き+サイコキネシスでH187ウインディが乱数1発(93.8%)

嘘泣き+シャドーボールでH175メガサーナイトが乱数1発(93.8%)

マジカルシャインサザンドラズルズキンへ。

素早さは最速108族+1だが、最速にしていざというときにラティオスと同速対決できる方が良かったと思う。

数年ぶりに育成したCSエーフィ。エーフィってこんなに脆かったんだ...と痛感した()

メガフシギバナを唯一まともに削ることができるポケモン

初めはエルフーン+テラキオンメタの少し耐久に振ったトリックルーム型を使っていたが、正直中途半端だった。そのとき嘘泣き+シャドーボールメガサーナイトを高乱数1発にできることを知り今の型に落ち着いた。

嘘泣きとのシナジーのためサイコキネシス採用だが、突撃チョッキ持ちがときどきいるため単体ならばサイコショック推し。

ちなみにエーフィのCS種族値ラティオスと同じ。

 

リーフィア@命の珠 141-177-151-x-87-146

意地っ張り H4 A244 B4 D12 S244

リーフブレードマリルリをもちろん確定1発

リーフブレードで耐久無振りメガサーナイトを乱数1発(75%)

叩き落とすで耐久無振りラティオスを確定1発

叩き落とすで耐久無振りシャンデラを確定1発

燕返しが187-135メガヘラクロスに156~187ダメージ

素早さは最速80族+1

アタッカーリーフィアシャワーズの凍える風サポートを受けてメガサーナイトラティオスを縛れる。

初めはSを準速80族抜きにしてDを調整した型を使っていたのだが、シャンデラに悉く焼かれたため最速80族抜きになった。

これによって、メガサーナイトメガシンカしたターンならば抜くことができるということに気が付く。なぜもっと早く気付かなかったのか...

耐久無振りルンパッパを確定1発にできるシザークロスを採用していたが、メガヘラクロスでパーティが壊滅したことで燕返しになった。

 

ブースター@拘りスカーフ 141-180-86-x-131-124

陽気 H4 A236 B44 D4 S220

フレアドライブで耐久無振りメガサーナイトを確定1発

馬鹿力はサザンドラテラキオンヒードランへ。残念ながら確定1発にできない()

噛み付くがガチで候補に入ってくるのが悲しい。シャンデララティオスへ。

A112マリルリアクアジェットを確定耐え(116~140ダメージ)

素早さは最速115族+3

メガサーナイトを上からしっかり削ることができる枠。

トレース対策に特性は根性にするのもあり。しかし、貰い火のおかげでヒヒダルマの鉢巻晴れフレアドライブを無効化し、こちらのフレアドライブで返り討ちにできたこともあった。

サブウエポンが残念すぎて久しぶりにウインディが本当に羨ましくなった。ワイルドボルトとか神速とか威嚇とか優秀すぎる...

 

選出について

ウインディ、サンダー、マリルリメタグロスラティオステラキオン等のスタンパ

ブラッキー、サンダース+シャワーズリーフィア

ブラッキーで相手を削りながら後ろのためにサンダースで麻痺を撒く。あとは凍える風+リーフィアで頑張る。サンダーが重い。

 

・メガフシギバナ入りのパーティ

ブラッキー、サンダース+シャワーズ、エーフィ

メガフシギバナの周りのポケモンを潰していきながら、エーフィでメガフシギバナを詰める選出。メタグロスサザンドラ等は読みが嵌ればなんとかなるが、マリルリが重かった。メガフシギバナ+キリキザンは勝てる気がしなかった。

 

ゴウカザル+メガサーナイト

→サンダース、エーフィ、後ろは相手のパーティと相談

初手両見切りで猫騙し+ハイパーボイスを防ぐ。次にゴウカザルを倒すオーラを発しながら嘘泣き+シャドーボールメガサーナイトを倒す。あとは頑張る。

 

ニョロトノキングドラ、ルンパッパ等の雨パ

ブラッキーシャワーズorサンダース+シャワーズorサンダース、リーフィア

バークアウトで相手のCを下げながら麻痺を撒いていくことが多いが、相手のパーティに避雷針がいる場合はシャワーズを先発にする。あとはそのときの読みで頑張る。当然だがナットレイが重い。

 

【まとめ】

正直ブイズにとって戦うのが楽なポケモンは存在しないが、対策必須のサンダーやマリルリに薄い構築になってしまったと思う。(グレイシアにフリーズドライください)

基本的にこちらからは1匹のポケモンで1匹のポケモンしか殴ることができないため、個々のスペック差で負けることが多かった。命中不安定でも濁流を採用するべきだったのかもしれない。ニンフィアの単体性能の高さを再び確認できた。

レートは1600中盤を彷徨う程度の実力。最終レートはなんとか1700で終われたが、もっと上に行きたかった。本格的に潜り始めたのがシーズン終盤だったため、有名強者の対戦相手がみつかりませんさんに何度も当たった。1600台なのに当たる相手のレートがほとんど自分より下だったので、レートを上げるのに苦労した。

懐かしい型やそのポケモンでやってみたかった型を活躍させることができて良かったと思う。バトルでは懐かしい対面を見ることができて楽しかった。(エーフィブラッキーvsカポエラーシャンデラ等)

個人的にこういったルールは面白いと感じたので、是非またやってほしい。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

質問やアドバイス等ありましたら何でもどうぞ。

 

 

 

 

グレイシア...本当にすまん...